マルイ HK416D DEVGRU2-1

今回のご依頼は初速が落ちてしまったのを、復活させることと、内部強化です!
まず現状の初速計測から。

DSCN2928_128.jpg
低くなってしまってますね。
これはスプリングがヘタってしまっているようです。
では分解していきましょう。

DSCN2930_128.jpg
まずストックのハンダを外さなければなりません。

DSCN2931_128.jpg
アッパーレシーバー外して、ストックパイプ外してメカボックスの登場です。

DSCN2932_128.jpg
セクターギアは、やはりすり減っておりますが、この程度なら優秀ですね。
しかし、ギアは強化ギアに交換いたします。

DSCN2933_128.jpg
メカボックス磨いて、軸受けをオイルレスメタル軸受けに交換。
ピストンはアルミフルスチール猫フェレオリジナルピストン。
ピストンヘッドはLayLayのPOM NewVer.2は使用します。
ああ、ギア取り忘れた。
ギアはAFの次世代用強化ギアを使用です。

DSCN2935_128.jpg
モーターはZCハイトルクハイスピードモーターを使用します。
もともと付いていたSBDを付け直します。

DSCN2938_2_128.jpg
スプリングガイドにはベアリング付きガイドを使用いたします。
ねじれ防止です。

DSCN2936_128.jpg
スプリングは次世代用のを2種類用意。

DSCN2938_128.jpg
HOPパッキンは消耗品なのと、変形してきてしまってるので交換です。
HOP窓もいつものように角を落として、HOUがかかりやすいように加工。
でも、次世代のチャンバーは分解しにくいですよね。

では組み上げて初速計測です。

DSCN2939_128.jpg

DSCN2939_2_128.jpg
ちょうどよい数値になりました。
ホップ無しと、適正ホップです。

ご依頼主様大変お待たせいたしました!
ご希望の初速になりました。
内部強化してありますので、末永く使えると思いますが、定期的なメンテナンスは必要ですのでその際はご相談ください。
スポンサーサイト

マルイ HK416D DEVGRU2-0

DSCN2927_128.jpg
お久しぶりになります。

マルイ次世代HK416D DEVGRUのカスタム調整の依頼をいただきました。
大変お待たせし、申し訳ございませんでした。
公私共々忙しく、なかなか修理に手が付けられませんです。
そんな中なんとか時間を見つけて、少しづつ作業できるようになってきましたので、再スタートでございます!!

E&L AKS74U 調整依頼 その1-1

まずは忘れないようにネジを外す場所をチェックしておきます。
DSCN2914_128.jpg
チャンバーがこのネジで固定されてます。

DSCN2915_128.jpg
フロントはこのイモネジ(奥にもう一本)で固定されています。
外すの結構大変。

DSCN2913_128.jpg
あと特殊なのは、チャンバーがメカボックスに固定されている点です。
これに気が付かなくて、チャンバー外れなくて困りました。

DSCN2916_128.jpg
チャンバーがずれればメカボックスが外れます。
バレルの表面が汚い・・・。

DSCN2917_128.jpg
HOPのまどがバリだらけで、ルーター使って磨き上げました。
あと窓の切り口を斜めに削ります。
バレル内も汚かったので、お掃除お掃除!!

DSCN2918_128.jpg
HOPパッキンは怪しいクニャクニャのタイプだったので、マルイ純正に交換
押さえはいつものH-HOPに交換します。

DSCN2919_128.jpg
チャンバー関係はこれで完了です。

DSCN2920_128.jpg
モーターはEG1000S持ち込みです。
SBDつけてみましたが、グリップが細いので、組み込めるか疑問。

DSCN2921_128.jpg
メカボックス御開帳!!
グリスは少なめですが、なんだか固まっちゃってます。
製造してからの保管期間が長かったんでしょうか?

DSCN2922_128.jpg
ピストンは怪しい樹脂製なので、フルスチールピストンに交換です。
ピストンヘッドはそのまま使えそうです。

DSCN2923_128.jpg
グリスはすべてパーツクリーナーで磨いて、歯ブラシでゴシゴシしました。
で、改めてシム調整ですが、割ときちんと製造時からシム調整がされてて、
楽にできました。
メカボックスも磨いてグリスアップして組み立てです。

DSCN2924_128.jpg
案の定SBDは入らなかったです。
グリップが細いんだなぁ。

で計測ですが、スプリングはよくわからないスプリングで、あまりにも初速が低いので、単なる日本対応品でしょう。
ということでM90スプリングを組み込んで試射したところ、規定値オーバー。
あと10m/sは落としたいということで、

DSCN2925_128.jpg
バレルをカット。
でもって再計測。

DSCN2926_128.jpg
これで大丈夫でしょう!
でも、バレルが怪しいので、カスタムバレルに交換したいですね。
ということで、完成いたしました!

E&L AKS74U 調整依頼 その1-0

DSCN2912_128.jpg
E&L AKS74Uの調整依頼を受けました。ありがとうございます。

S&T ARX160 カスタム調整その2-1

DSCN2889_128.jpg
メカボックスは先に取り出してありましたので、早速作業開始です。

DSCN2890_128.jpg
モーターは、ZCのハイトルクハイスピードもたーをチョイス。

DSCN2891_128.jpg
ピストンはZCのフルスチールピストンにZCライトウェイトピストンヘッドを使用。
ギアは最近良くなってきたSHSの12:1ギアを使用します。

DSCN2892_128.jpg
メカボックスを洗浄、磨き、シム調整して、グリスアップ。
すべてのパーツを組み込んで、さぁ閉めるぞ!となるとS&Tはトリガーが外れるんですよね。
これがすごいネックで、組み立てるのに苦労します。
スプリングが後から入れ込むタイプなのがせめてもの救い。(*´∀`)アハハン♪

DSCN2893_128.jpg
スイッチ焼け防止にSBDも取り付けましたよ。

DSCN2894_128.jpg
HOPはまるいのHOPパッキンに交換いたします。

DSCN2895_128.jpg
HOP窓はKM企画のバレルも最近やるようになった斜めに削り落とします。
こうすることで、HOPがかかりやすくなりますし、パッキンにやさしくなります。

では初速計測。
M90スプリングから、ノンホップで。

DSCN2896_128.jpg
バッテリーには優しいのですが、ちと低い。
ギアが12:1ということもあり、スプリングをもう少し上げたい。

M110スプリングでチェック。

DSCN2897_128.jpg
ちょうどいい感じ。

DSCN2898_128.jpg
7.4VLiPoで19~20サイクルですが・・・

DSCN2899_128.jpg
11.1Vで計測したら30が出ました。
12:1良いですね。
今度自分のにも投入してみようかな?

そんな感じで無事完成いたしました。
今回は特に難しいカスタムはありませんでしたし、メカボックスの中もびっくりするようなことが無かったです。
S&T、良くなってきているのかな?

The number of the visitors

プロフィール

ざっき~

Author:ざっき~
猫とフェレットとバイクとエアーガンと釣りと熱帯魚と・・・コマネズミになりそうな日々をすごしてます。
エアガンのカスタム・調整・修理・部品組込みなど承っております。お気軽にご相談ください。

問い合わせメール

お問い合わせには必ず返信しております。返信にはGmailを使用しております。Gmailが受信できるよう設定をお願いします。また、返事が遅い場合はコメントからお問い合わせください。カスタム調整のご依頼の際には、必ず以下リンク先をお読になりご承諾いただいてからご依頼ください。

カスタム調整について

カスタムの金額等を掲載させていただいております。
ご参考までにご覧いただければと思います。

カスタム料金一覧

WEB SHOPを始めました。

ねこふぇれ WEB SHOP

お気軽にリンクしていただければ幸いです。
ご一報いただければ、相互リンク大歓迎です!!

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
XCR (4)
AKM (1)
RPK (1)
MP5 (8)
M14 (6)
M4 (11)
XR8 (5)
XDM (4)
最新トラックバック
ウェザーニュース
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる